現在も残っている葛籠城の空堀

 九千部山の西麓から流れ出している四阿屋( あずまや )川(河内(こうち)川)には、川沿いにいくつもの中世の山城跡が分布しています。葛籠( つづら )城(じょう)、高取城、鬼ケ城(おにがじょう)、勝尾城(かつのおじょう)がこれまでに確認されています。

 最も下流にあるのが「葛籠城」(津倉城)で、本城・勝尾城とは2キロも離れています。最も高い所で海抜126メートルの丘陵一帯に何重もの空堀と土塁が造られ、南からの攻撃に備えた構えになっています。空堀は深さが3~5メートル、長さは700メートルもあります。

 すぐ南は山浦新町の城下町があり、その外側には「惣構(そうがまえ)」の堀があり、そこを突破された場合の備えが葛籠城ということになります。このため家臣団の屋敷跡も数多くあります。

 丘陵の頂上からは南方向の城下の出入り口を見渡すことができ、最前線の拠点だったことが分かります。

 (鳥栖郷土研究会会長・藤瀬禎博)

このエントリーをはてなブックマークに追加