「宇宙戦艦ヤマト」などで知られる漫画家・松本零士さん=福岡県久留米市出身=と手塚治虫さんの世界展が、佐賀市の佐賀玉屋で開かれている。誕生から40周年を迎えた「銀河鉄道999」の水彩画や版画、「戦後日本マンガの出発点」とされる手塚さんの「新宝島」のセル画など、約120点が並ぶ=写真。5月1日まで。

 松本作品はメーテルとエメラルダスが海辺で夕日を望む版画「メーテルレジェンド-黄昏(たそがれ)-」など新作6点もあり、当時の漫画本約90点も展示される。グッズも販売されている。

 来場した佐賀市の男性(67)は「『銀河鉄道999』の水彩画は、宇宙の青色がとても美しい。印刷物では得られない感動」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加