バドミントン競技の開会式で選手宣誓する大和中の永渕雄大主将(左)と山内中の本多芙羽主将=佐賀市文化会館

「プレーで勇気と感動を」

 佐賀市の県総合体育館が会場となるバドミントン競技の開会式が、隣接する市文化会館であり、大和中の永渕雄大主将と山内中の本多芙羽(ふう)主将が「自分たちのプレーで勇気や感動が与えられるよう、全国の仲間と正々堂々と競い合う」と力強く選手宣誓した。

 前日まで個別に練習し、宣誓を合わせたのはこの日が初めてだったが、「タイミングもばっちり。練習通りうまくできた」と両主将。「地元の声援を受け、挑戦者の気持ちで思いっきりプレーしたい」と抱負を語った。

 同競技は25日まで4日間行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加