1万人目の来場者となった寺田妃菜さん=県庁最上階展望ホール

 7月21日から県庁最上階の展望ホール「SAGA360(サガサンロクマル)」で開かれている、プロジェクションマッピング「星空すいぞくかん」の来場者数が21日、1万人を突破した。1万人目の来場者となった佐賀市大和町の寺田妃菜さん(8)に記念品が贈られた。

 両親と3人で訪れた妃菜さんは1万人目の知らせに「びっくりした」と驚いた様子。水族館をテーマにした展示に「去年よりすごかった。おじいちゃんとおばあちゃんを連れて、また来たい」と笑顔だった。

 県観光課によると、1日の平均来場者数は約350人で、昨年を上回っており、1万人突破も昨年よりも短期間で達成したという。担当者は「展示の内容は季節によって変わる。一度来た方もぜひ足を運んでほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加