不審な紙袋2個が見つかり、立ち入りが規制されていた鳥栖市山浦町の長崎自動車道下り線の山浦パーキングエリア(PA)は、29日午前0時55分ごろに規制が解除された。機動隊の爆発物処理班が確認したところ、中身は丸めた紙で、危険が無いと判断した。

 鳥栖署によると、28日午後9時前に高速道路の非常電話を使い匿名の男性から西日本高速道路に通報があり、佐賀県警高速隊が確認した。

 紙袋の一つは男子トイレ前の駐車場にあり、ガムテープで巻かれ球状になっていた。もう一つは男子トイレの個室にあり、箱が入っていた。レントゲン撮影などで確認したところ、いずれも中身は丸めた包装紙やキッチンペーパーのようなものだったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加