斎藤健副大臣(左)に抗議の決議を手渡す佐賀県議会の石倉秀郷議長=東京・霞が関の農林水産省

 国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門差し止めを命じた長崎地裁判決に国が控訴しなかったことに対し、佐賀県議会の石倉秀郷議長は28日、判断の撤回を求める抗議の決議を、斎藤健副大臣に手渡した。「視察に来て、現地の事情を再認識してほしい」と翻意を訴えた。

 決議は前日、全会一致で可決した。開門しない立場を明確にした山本有二農相に対し、「有明海の再生の可能性を国の力で握りつぶすものだ」と批判し、控訴するよう求めている。

 非公開の面会後、取材に応じた石倉議長は「農水省の思いだけで地方をコントロールされては困る」と強調した。国が開門に代わる100億円の基金案で和解を探ろうとしていることに関し、「(基金と開門は)切り離さないと。和解はない」と断じた。斎藤副大臣は「省として熟慮を重ね、苦渋の選択で結果を出した」と答えたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加