防衛省は2018年度予算の概算要求で、米軍再編関連経費を含め過去最大の5兆2551億円(17年度当初予算比2・5%増)を計上する方針を固めた。北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射への対処策として、海上自衛隊のイージス艦に搭載する改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費472億円を盛り込んだ。政府関係者が22日明らかにした。

 政府が弾道ミサイル防衛(BMD)の新装備として導入を決めた地上配備型の迎撃システム「イージス・アショア」は、技術を保持する米国と費用面などの協議を進めるため、金額を示さない「事項要求」として記載。年末の予算案編成時に詳細な設計費を盛り込む。

 概算要求ではBMD強化のため、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」の改良型「PAC3MSE」を205億円で取得。現行の自動警戒管制システムを107億円かけて改修し、高い高度に発射することで迎撃が困難となる「ロフテッド軌道」への対処力強化を図る。

 弾道ミサイルの探知能力が向上する新方式の次期警戒管制レーダー(MIMO)の開発費196億円も計上した。

 南西諸島の防衛強化を重視し、南西警備部隊の施設整備に552億円を充てる。最新鋭ステルス戦闘機「F35」6機を881億円で取得。新型輸送機オスプレイ4機も457億円で購入する。高速で滑空して目標を攻撃する新装備「島しょ防衛用高速滑空弾」の研究費100億円も計上した。

 日米が使用する人工衛星を守る自衛隊初の宇宙部隊創設に向け、監視システムの詳細設計に44億円を盛り込んだ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加