JOCジュニアオリンピックカップのカヤック4人乗りでで5位入賞を果たした(左から)大岩佳稔さん、平尾翔大さん、久保山慶太郎さん、大岩歩夢さん=神埼市の日ノ尺池

 7月下旬に山形県で開かれたJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生カヌー大会で神埼中学校のメンバーがカヤックフォア(500メートル)で5位入賞を果たした。1分51秒454のタイムで昨年の10位から順位を5つ上げる躍進を見せた。

 入賞メンバーは3年の大岩佳稔(かなる)さん(15)、平尾翔大さん(14)、久保山慶太郎さん(14)と2年の大岩歩夢さん(13)の4人。昨年の大会にも同じメンバーで出場したが、オールをこぐタイミングがばらついて結果が振るわなかったという。久保山主将は今大会の入賞を「このメンバーで臨める最後の大会。みんなの息が合ってスピードに乗った実感があってうれしかった」と振り返る。3位入賞まで1・305秒まで迫った。

 4人は競技力の向上に向け、県カヌー協会がジュニア育成の取り組みを始めた「第1世代」でもある。指導する園田里志監督(38)も「よく結果を残してくれた」とねぎらい、「これからのインターハイや佐賀国体につなげていってほしい」と期待を寄せる。久保山主将は「昨年より全国のレベルが高くなってきていることも実感した。追いつけるように一歩ずつ頑張りたい。目標は日本で一番速くなること」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加