全面改良し、自動運転技術を採用した日産自動車の「セレナ」

 日産自動車は24日、6年ぶりに全面改良した新型のミニバン「セレナ」を発売した。一部モデルで、高速道路の同一車線で、自動運転する技術「プロパイロット」を採用した。日産によると、国内メーカーで実用化したのは初めて。

 日産のプロパイロットは速度などを設定すると、カメラが前方車両と車線を認識。運転手がハンドルやアクセルを操作しなくても前方車両との車間を保ったり、カーブを走行したりできる。

 このほか後部座席のスライドドアにセンサーを設置。両手がふさがっている時などに車の下に足を近づけるだけでドアを開けられる機能も用意した。

 24日に横浜市で開かれた発売記念イベントに登場した俳優の山本耕史さんは自動運転について「長時間の運転は疲れるが、(自動運転技術で)渋滞でもストレスなく運転できると思う」と語った。

 月間販売目標は8千台で、価格はプロパイロットを付けた限定モデルが291万6千円から。通常のモデルは231万6600円から。

 佐賀県内では、佐賀日産自動車と日産サティオ佐賀で販売する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加