「キャン・ユー・プレイ・サッカー?」(あなたはサッカーができますか)「イエス・アイ・キャン」(はい、できますよ)-。以前のぞいた県西部の小学校。「外国語活動」の光景だ。ALT(外国語指導助手)や担任の先生を相手に子どもたちは笑顔満開だった。ゲーム感覚で英語に親しむ◆5、6年生で必修のこの授業は異文化への理解、コミュニケーションの楽しさを教えることに重点がある。それが2020年度以降、大きく変わりそうだ。新しい学習指導要領案では小3から英語に親しむ授業を始め、小5からは正式教科に。教科になれば数値評価も伴うだろう◆外国人に出会うと、とたんに緊張し壁をつくってしまう口だ。文法なんて考えなくていいのに、うまく相手に伝えられず、中学から学んだ成果は出ずじまいである。同じ思いをした人は多かろう◆テストをし評価することは壁をつくる子を増やしかねず、中学英語の前倒しになりはしないか気がかりだ。入り口では「学んで楽しかった」と思えて、好奇心を高めることが大事である。支える先生の指導力と研修の充実、ALTの増員も鍵を握る◆冒頭の小学校では長崎への修学旅行の折、子どもたちから外国人に気軽に英語で話しかけたという。苦手意識のなさがそうさせたのだろう。英語教育の大切なところである。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加