台風18号、昼ごろ接近

 大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸した。今後、中四国や近畿を暴風域に巻き込みながら西日本を縦断するとみられる。台風の通過に伴って18日にかけ、九州から北海道まで広い範囲で大荒れの天気になるため、土砂災害や河川の増水、暴風や高波、高潮に警戒が必要だ。【共同】

 気象庁によると、九州では17日未明から非常に激しい雨が降った。大分県佐伯市付近ではレーダーによる解析雨量で1時間に約110ミリの猛烈な雨に。アメダスの観測雨量でも、宮崎県国富町で1時間80ミリを超えて観測史上最大になり、宮崎市では降り始めからの雨量が500ミリを超えた。

 空の便は、西日本を発着する便を中心に計350便以上が欠航。JR九州は九州新幹線の熊本―鹿児島中央間や在来線の運転を見合わせた。

 九州電力によると、17日午前9時現在、台風18号の影響により、鹿児島県内で約1200戸が停電している。

 18日午前6時までの24時間予想雨量は多いところで九州北部、四国、近畿350ミリ、九州南部、中国地方、東海250ミリ、関東甲信200ミリ、東北180ミリ、北陸150ミリ。

 台風18号は17日午前8時現在、鹿児島県枕崎市の南南西約70キロを時速約30キロで東北東へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

【気象・交通関連リンク】
雨雲レーダー
JR運行情報
佐賀県内道路情報
佐賀地方気象台

このエントリーをはてなブックマークに追加