三養基郡上峰町の武広勇平町長は27日、2月町議会で給食費無料化経費を巡り2017年度当初予算案を否決されたことを受け、該当分を削った予算案を臨時議会に提出することを決め、議会に伝えた。武広町長は「4月からの無料化は断念せざるを得ない」と語った。議会運営委員会は3月3日に臨時議会を開くことを申し合わせた。

 7日に町長選告示が迫っており、武広町長は「住民生活に影響を与えないよう早急に提出すべきと判断した」と説明した。給食費無料化経費4200万円を予備費に回すことで予算案の迅速な修正を図ったという。

 反対した議員の1人は「予算全てが反対というわけではなく、給食費無料化の経費が削られたなら賛成すべき」と話しており、可決される見通し。

 当初予算案を巡っては予算特別委員会で可決されたものの、24日の定例会最終日の本会議では「骨格予算にもかかわらず、新規の政策予算を計上するのはおかしい」などの反対意見が出て、賛成4、反対5で否決された。

このエントリーをはてなブックマークに追加