致遠館・江頭悠哉選手

佐賀東・田中亮士選手

鳥栖商・布江健人選手

鹿島実・森田諒選手

 第99回全国高校野球選手権佐賀大会が7月8日に開幕する。大会を前に甲子園出場を目指す41校を紹介する。(メンバー表は左からポジション、名前、学年、投打、身長、出身中学。◎は主将)

■致遠館 左腕江頭制球力増す

 昨夏は7年ぶりに初戦を突破。その原動力となった左腕江頭悠を軸に躍進を期す。

 江頭悠は内角を鋭く突く130キロ台半ばの直球とスライダーが武器。冬場の走り込みと筋力強化で制球力が増した。毛利、江頭直の二遊間コンビを中心に堅守でエースをもり立てたい。

 攻撃は俊足の1番後藤、2番毛利が出塁して中軸で返すのがパターン。打線の調子も上向きで、杉野監督は「我慢強くミスを抑え、ロースコアの接戦に持ち込みたい」と話す。

部長 牧瀬 信弘

監督 杉野 智規

投 江頭 悠哉 3 左左 183 致遠館

捕 西岡 大輝 3 右左 173 致遠館

一 酒見 昌伸 3 右右 181 致遠館

二 毛利 元紀 2 右右 168 昭栄

三◎宮地 将弘 3 右右 170 致遠館

遊 江頭 直希 3 右右 173 致遠館

左 熊倉 啓太 3 右右 171 致遠館

中 後藤 祐貴 3 右右 177 致遠館

右 野口 拓海 3 右右 170 城南

  道田 綱希 3 右右 185 致遠館

  江頭  慶 3 左左 178 城南

  斉藤 弘樹 3 右右 168 致遠館

  家永 孝紀 3 右右 185 致遠館

  生三 辰也 2 右左 171 城北

  馬渡 佑樹 2 右右 166 致遠館

  秋月 大雅 2 右右 180 致遠館

  八谷 洵輝 2 右右 167 佐大附属

  江口 研佑 2 右右 172 成章

  荒木 涼輔 1 右右 171 致遠館

  伊東麟太郎 1 右右 173 致遠館

■佐賀東 足絡め積極的に攻撃

 矢ケ部、今村の二枚看板を中心にした守り勝つ野球で、まずは7年ぶりの“夏1勝”を目指す。

 左の矢ケ部は球の切れで勝負し、右の今村は高い制球力で的を絞らせない。福島、田中皓が守る二遊間を中心にバックが堅守でもり立てる。

 打線は俊足の西久保、田中皓が足でかき回せるかが鍵。3番福島、4番田中亮は勝負強く長打も期待できる。

 尾崎監督は「受け身にならず、積極的な攻撃で先制点を奪いたい」と、先行逃げ切りの展開を描く。

部長 大嶋  剛

監督 尾崎 将成

投 矢ヶ部 蓮 2 左左 160 諸富

捕 前田 佳人 2 右右 170 昭栄

一 田中 亮士 3 右右 165 城西

二 福島 圭悟 3 右右 171 川副

三 江越 永遠 2 右左 163 昭栄

遊◎田中 皓太 3 右左 168 川副

左 筒井陽一郎 3 右左 175 鍋島

中 内田  皓 2 右右 174 川副

右 西久保和紀 3 右左 172 城北

  今村 新大 3 右右 174 川副

  平野 裕基 3 右右 159 諸富

  田代 将也 3 左左 174 城北

  内山 〓輔 2 右右 178 昭栄

  久米 哲太 2 右左 172 東与賀

  江口 凌太 2 右右 165 東与賀

  池田 賢人 2 右右 173 城東

  詫摩 悠飛 2 右左 167 昭栄

  清永 辰実 2 右右 172 城東

  横尾  歩 2 右右 170 城東

  山口 尚人 1 右左 168 多久中央

〓は示ヘンに右

■鳥栖商 投手の出来が鍵握る

 春以降、練習試合で県外の強豪に勝つなど力をつけてきた。上位進出の鍵を握るのは投手力。左の本格派田中は直球にチェンジアップを織り交ぜる。重松も安定し、リリーフとして期待できる。

 長打力を含め、打力にも自信がある。大木は4月から一番伸びた選手で、布江、山内と中軸を固める。寺田、井樋のパンチ力も魅力だ。

 捕手近藤はセンスが良く、遊撃赤司が内野を引っ張る。園田監督は「先発投手がゲームをつくってくれれば十分戦える」と選手たちに信頼を寄せる。

部長 田中 良尚

監督 園田 元紀

投 田中 大翔 3 左左 178 鳥栖

捕 近藤 裕汰 2 右右 177 中原

一◎山内 斗輝 3 右左 175 三根

二 布江 健人 3 右左 178 北茂安

三 寺田 竣哉 2 右左 174 三根

遊 赤司 俊輔 2 右左 168 北茂安

左 井樋 一稀 3 右右 171 鳥栖

中 大木 豪士 3 右左 177 鳥栖西

右 山口 知巳 3 右左 162 北茂安

  木村飛勇馬 3 右左 174 三根

  古賀隆太郎 3 右右 177 北茂安

  大石 楓季 3 右右 172 三根

  北島 拓馬 3 右右 170 上峰

  重松 竜輝 3 左左 168 上峰

  原  雅樹 3 右右 173 田代

  福成 皓介 3 右右 162 東脊振

  平田三優志 3 右右 170 上峰

  白水 寿輔 2 右右 173 博多

  角田 龍飛 2 右右 172 鳥栖

  石橋 拓也 2 右右 173 千代田

■鹿島実 中軸打線着実に加点

 春以降、試合内容の充実ぶりに手応えを感じている。5月の杵藤地区春季大会で16年ぶりにNHK杯出場を逃した悔しさを今大会にぶつける。

 1年生の1番平古場は打撃センスに秀でる。長打力のある森田、藤永ら中軸が着実に返したい。

 守備の要は岩田-中村のバッテリー。左腕岩田は内外を丁寧に投げ分け、中村は強肩を生かして守備陣を助ける。最少失点で抑えたい。西村監督は「どこが勝ってもおかしくない。接戦に持ち込みたい」と意気込む。

部長 森田  剛

監督 西村 秀範

投 岩田 侑大 3 左左 179 大浦

捕 中村 一貴 3 右右 182 鹿島西部

一 梅川 大和 3 右右 166 多良

二 森  智也 2 右右 177 鹿島東部

三 島本 匠弥 2 右左 167 鹿島西部

遊 平古場海斗 1 右左 168 大浦

左 藤永 健生 3 右左 168 鹿島西部

中◎森田  諒 3 右右 167 鹿島西部

右 植松 昴太 2 右右 176 鹿島西部

  松浦 裕一 3 左左 165 鹿島西部

  馬場 勝吾 3 右左 167 鹿島西部

  山下  京 3 右右 166 白石

  山口 正樹 3 右右 165 鹿島西部

  山口 智也 3 右右 170 鹿島東部

  小溝 利桜 2 右右 164 多良

  楠田 光希 3 右右 166 鹿島西部

  橋口 聖竜 2 右左 163 塩田

  野中 佑麻 2 右右 170 鹿島東部

  小柳 颯佑 2 右右 168 鹿島東部

  井手 隆永 1 右右 167 塩田

このエントリーをはてなブックマークに追加