佐賀県は27日午前11時、今年初めての食中毒注意報を県内全域に発令した。期限は48時間。

 食中毒注意報は最高気温27度以上、湿度80%以上の基準に加え、今後の気象条件を加味して発令する。26日は基準を超え、27日も予想最高気温が27度、湿度は午前9時現在で81%となったため発令した。

 県内は本年度、アニサキスによる食中毒で1人の患者が発生している。県生活衛生課は、生肉や魚を処理したまな板や包丁を熱湯消毒することや、「カレーを鍋に入れたまま室温で冷ます過程でウェルシュ菌が増殖し、県内でも過去、食中毒が発生した」という例を挙げ、底が広い保存容器に薄く広げて早めに冷蔵保管することなどを呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加