照明器具や空調設備を点検・清掃する専門業者の従業員たち=唐津市町田の町田保育園

 佐賀県電気工事業工業組合唐津支部(東島吉隆支部長、25社)が23日、唐津市町田の町田保育園を訪れ、照明器具や空調設備の点検や清掃の奉仕活動をした。

 高温多湿のため、感電や電気事故などが発生しやすい8月は「電気安全使用月間」。この月間に合わせて支部では30年以上にわたって同様の活動を続けている。

 園児たちが昼寝をしている間に、会員企業の35人が1時間ほど汗を流しながら作業を進めた。天井の蛍光灯を外して一つ一つぞうきんで拭いたり、正常に電気が流れているかを確認したりしていた。

 谷口美矢子園長(58)は「大々的にしていただくのは初めて。園で働くのは電気の素人ばかりなので助かります」と感謝していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加