大島信之氏

 JAさがは27日、佐賀市文化会館で通常総代会と臨時理事会を開き、新組合長に代表理事専務の大島信之氏(64)=佐城地区=を選出した。任期は3年。

 大島氏はJA佐城(当時)理事、JAさが理事を経て2014年6月から現職。営農販売事業や経済事業を担当してきた。小城市三日月町在住で、28歳で就農し、米麦大豆や施設ナスなどを栽培してきた。

 大島氏は取材に「組合員とともに話し合い、共助しながら、一緒になって改革をやっていきたい」と抱負を述べた。農家の所得増大に向け、持ち株会社化で食品加工関連に力を入れることに触れ、「きちっと出口が決まった中で、組合員の方に生産拡大をやっていただきたい」と語った。

 副組合長には中村直己氏(67)=みどり地区、専務理事には坂口雅義氏(67)=東部地区=を選んだ。

 組合長を1期で退いた金原壽秀氏(67)は、JA佐賀中央会会長の中野吉實氏(69)が務めていた会長理事(非常勤)に就いた。JA佐賀中央会は30日に通常総会を開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加