「ちえちひろ」が手掛けた器を仲良く手に取る親子=嬉野市の谷鳳窯

 嬉野市嬉野町吉田の谷鳳窯ギャラリーで29日、窯主の宮崎祐輔さん(63)ら一家による春の陶器市が始まった。作風の異なる器が並び、訪れた人の目を楽しませている。5月5日まで。

 祐輔さんのほか、長男の泰裕さん(33)と妻慧子さん(31)、長女千絵さん(29)と次女千尋さん(26)の姉妹ユニット「ちえちひろ」が出品している。

 長崎県大村市から訪れた福井豊美さん(67)と娘の理恵子さん(34)はそれぞれ、祐輔さんとちえちひろの大ファン。豊美さんは「よそにはない、ほのぼのとした作品に癒やされます」と笑顔で話した。

 午前10時から午後5時まで。期間中は会場で、ちえちひろに似顔絵(2千円~)を描いてもらえる。問い合わせは同ギャラリー、電話0954(43)9850。

このエントリーをはてなブックマークに追加