佐賀県立校の教育情報システムから大量の個人情報が流出した事件などで、不正アクセス禁止法違反などの容疑で家裁送致され、第1種少年院送致の決定を受けた佐賀市の無職少年(17)が25日までに、決定を不服として福岡高裁に抗告した。佐賀家裁によると、抗告は23日付。

 佐賀家裁は10日、処分の決定理由で、更生を図るために「事件の性質や少年の犯行動機、反省の程度などを総合考慮した」として、少年院送致が相当としていた。B-CAS(ビーキャス)カードを使わずにテレビの有料放送を視聴できるプログラムをインターネット上に公開した不正競争防止法違反も認定していた。

 抗告期限は24日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加