第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会は23日、北海道帯広市の帯広の森球技場で準決勝があり、サガン鳥栖U-15が浦和レッズジュニアユースを4-2で下し、初の決勝進出を決めた。

 試合は40分ハーフで行われ、鳥栖は試合終盤の集中力が光った。2-2で迎えた終了間際の後半38分、FW田中禅のゴールで勝ち越すと、3分後にはMF佐藤聡史がダメ押しのゴールを決めた。

 24日は同市の帯広の森陸上競技場で決勝があり、サガン鳥栖U-15は柏レイソルU-15と対戦する。

 ▽準決勝

鳥栖 4-2 浦和

▽得点者【鳥】末次、佐藤2、田中【浦】堀井、佐藤

 柏   2-1 清水

▽得点者【柏】清水、斉藤【清】小川

このエントリーをはてなブックマークに追加