第39回少年の主張佐賀県大会(県教委、県青少年育成県民会議など主催)が2日、佐賀市で開かれた。県内23中学校1055作品の中から審査を通過した10人が登壇し、自らの夢や社会に向けたメッセージを語った。上位3人の発表を紹介する。

このエントリーをはてなブックマークに追加