まだまだ暑い日が続いていますが、お盆を過ぎるころからシギやチドリたちの秋の渡りのシーズンが始まります。

 ロシアなどの北の国で子育てを終えた渡り鳥たちは、越冬のため南の国を目指します。その距離は長いもので1万キロを超えることもあります。

 渡り鳥たちは一気に目的地まで飛んでいくことはできません。途中、餌を食べ、休憩してまた力を付け、遠い国まで飛んで行きます。

 その重要な渡り鳥の中継地が有明海の干潟です。この時期、県内ではラムサール条約登録湿地となった「肥前鹿島干潟」や「東よか干潟」でたくさんの渡り鳥に出合うことができます。

 (日本野鳥の会佐賀県支部事務局長)

このエントリーをはてなブックマークに追加