福岡桂氏

 大和酒造(佐賀市)は19日、北島恭一社長(73)が代表権のない会長に就き、新社長に取締役の福岡桂氏(55)が同日付で就任したと発表した。

 福岡氏は建設資材卸の福岡商店(佐賀市)の社長で、2006年に大和酒造の取締役に就いた。社長交代の理由について同社は「組織の若返りのため」と説明している。

 同社は1975年、福岡氏の家族が経営していた窓の月本店など酒造メーカー4社が合併して大和町尼寺の県酒造試験場跡に誕生した。近年は中国や米国などへの日本酒輸出も手掛けており、福岡新社長は「引き続き海外展開に力を注いでいきたい」と抱負を語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加