小城署管内での追突事故を1件でも減らそうとメッセージ入りのキーホルダーを考案した小城署署員(右)とキーホルダーを受け取る山本会長=小城市牛津町

 ○…小城署(井上義紀署長)は14日、事故防止のメッセージをラミネート加工したキーホルダーを、小城地区安全運転管理者連絡協議会(山本康徳会長)に寄贈した。キーホルダーを同協議会加盟の事業所の社用車のエンジンキーに取り付け、社員の交通安全の意識を図るのが狙い。

 ○…今年に入り、県全般では人身事故の総数が前年比で約1割ほど減ったが、小城署管内は21件増。危機感を持った同署交通課の女性署員が“事故防止キーホルダー”を考案し通常業務をこなしながら、細々と1カ月間で150個も作製した。

 ○…メッセージには「車間は大きく模範運転で! それでも追突するの?」など市内で頻発する事故の特色を鋭く警告する内容。山本会長は「並々ならぬ意気込み」とキーホルダーをみつめ「こりゃ、1件でも(人身事故を)少なくしないと」と、経営する会社の社用車のキーに取り付けていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加