報道陣に公開された観光列車「かわせみ やませみ」

JR九州の観光列車「かわせみ やませみ」の車内=27日午後、北九州市

 JR九州は27日、3月4日から熊本県の熊本-人吉を1日3往復する観光列車「かわせみ やませみ」を北九州市の車両基地で報道陣に公開した。デザインは豪華寝台列車「ななつ星in九州」に続き、水戸岡鋭治氏が担当した。昨年4月の熊本地震を受け「復興の象徴になってほしい」との思いを込めて地元産材を内装の随所に使用した。

 JR九州では11番目の観光列車で2両編成(定員72人)。普通列車として走っていた中古車両を改造した。内装は沿線の木材組合から無償提供されたヒノキ57本を、窓際のカウンターや座席のテーブルなどに用いた。床と天井には地元産のスギを使い、森にいるような雰囲気を味わえるようにした。

 車内では、地元産の焼酎などを販売する。焼酎を置く棚やバーカウンター、座席なども高級感を得られるよう工夫した。被災地を活気づける最高のものに仕上げようと地震前に作成した計画を見直し、総工費は約2億3千万円で、当初計画より大幅に増えたという。

 水戸岡氏は「素材を見直し、手間暇を掛けた。復興のシンボルになってほしい」と強調。JR九州の青柳俊彦社長も「沿線の観光振興を引っ張りたい」と自信を示した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加