ピアノとバイオリンの世界へ 久保泉小でコンサート

 全盲のバイオリニストの穴澤雄介さんと、ジャズピアニストの野田正純(まさずみ)さんが15日、佐賀市の久保泉小でコンサートを開いた。全校生徒162人が、響き合う音色に聞き入っていた。

 2人はジブリ映画メドレーや穴澤さん作曲の「ようこそ楽登王国へ」など5曲を披露。迫力あるピアノと伸びやかなバイオリンの演奏に、手拍子をして楽しんだ。曲の合間で、穴澤さんが救急車の音や鳥の鳴き声をバイオリンで奏でると、子どもたちは多彩な音色に「すごい」と興奮していた。

 最後に穴澤さんが「僕は目が見えていないけど、できることを考えて音楽の道に進んだ。みんなも苦手なことがあってあきらめそうになったら今日のことを思い出して」とエールを送った。

 6年生の上野楓さん(11)は「ぴったり息が合っていてすごかった。自由に、楽しそうに弾いてる感じがした」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加