岸本英雄町長(右手前)に全国大会ベスト16を報告する玄海ジュニアバレーボールクラブのメンバー=玄海町役場

 3年連続の全国大会出場となった玄海ジュニアは、2日間の予選で4試合を戦い3勝。その後決勝トーナメント進出決定戦で長崎県のチームにフルセットの末に敗れ、目標の8強入りは逃したが、2年前のクラブ最高成績の16強に並んだ。

 6年生は主将の徳永可音さん(12)1人だけ。ほとんどのメンバーが来年も残るだけに、岸本町長は「来年は祝勝会を」と期待した。徳永さんは「都道府県予選を勝ち抜いたチームはどこも強かったけれど、レシーブをしっかり上げて自分たちのコンビバレーができた。来年は日本一を目指してほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加