生後2週間が過ぎたジャイアントパンダの雌の赤ちゃん。母の胸で眠っている(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)は27日、生後2週間が過ぎたジャイアントパンダの雌の赤ちゃんについて「体は目に見えて大きくなり、体の白い毛も徐々に増え、長くなってきた」とパンダらしい姿に近づいてきている様子を明らかにした。母親のシンシン(11歳)も授乳を続け、順調に子育てをしている。

 授乳は1日10回程度のペースで、1回につき1~10分間。現在までは完全母乳で、用意していた人工乳は使っていない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加