県内の写真愛好家を中心につくる「佐賀YPC」(柳木繁弘会長)の写真展が、佐賀市立図書館で開かれている。躍動感ある祭りや色彩あふれる風景など、印象的な瞬間を切り取った作品60点を並べている。28日まで。=写真

 月例会で選ばれた優秀作16点と会員22人が2点ずつ出品した。山田力さんの「夕映えの棚田」は夕日に照らされる肥前町の棚田を撮影。中央に配された木の枝から漏れる光が幻想的でもあり目を引く。金山公子さんの「幻の湖」は鮮やかな緑が目を引く。梅雨の時期にだけ姿を現す佐世保市の五蔵池の朝を切り取った。

 来場者は会員それぞれの個性が表れた作品に見入っていた。佐賀市の山本信子さん(74)は「すてきな写真がいっぱい。写真の場所に行ってみたい」と話していた。問い合わせは事務局、電話0952(29)2100。

このエントリーをはてなブックマークに追加