任期満了に伴う東松浦郡玄海町議選は19日、告示される。定数10に対し、現職7人、新人4人の計11人が立候補を予定しており、8年ぶりの選挙戦になる見通し。九州電力玄海原発3、4号機の再稼働を控え、立地自治体の将来像をどう描くか論戦が期待される。投開票は24日。

 2013年の前回(定数12)が無投票だったことなどを考慮し、今回から定数を2削減した。立候補予定者11人はすべて無所属。

 新人1人が原発反対を掲げる。ただ、玄海3、4号機は再稼働に向けた許認可の手続きを全て終えており、選挙の争点になるかは不透明だ。

 立候補届け出は19日午前8時半から午後5時まで、町役場で受け付ける。期日前投票は20~23日の午前8時半から午後8時まで、町役場で行う。

 有権者数は4892人(男2482人、女2410人)=1日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加