■有田焼研究の水先案内 「鬼斧神〓(きふしんさん)に就(な)る英嶽の辺り、皚々(がいがい)として霜嵒(そうがん)の如きもの、これ泉山の磁鉱となす」-有田をはじめ肥前の陶磁器研究の道標として知られる「…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加