ジャニーズ事務所(東京都港区)が「予告なく改訂することがある」としていた公式ファンクラブの会員規約について、変更する前に予告するとの内容に変えたことが23日分かった。適格消費者団体「消費者被害防止ネットワーク東海」(名古屋市)が「消費者の利益を侵害し、不適切」と是正を求めていた。消費者庁が同日明らかにした。

 改定では「変更等の内容および変更等の後の本規約の効力発生時期を通知することによって、周知を図るものとします」などとされた。規約が変更された後、不服を申し立てることもできる。

 適格消費者団体によると、6月1日にジャニーズ事務所側から規約を変えたと連絡があった。適格消費者団体は規約の一部が消費者契約法違反に当たると指摘していた。

 適格消費者団体の野沢厚美事務局長は「誠実な対応」と評価。ジャニーズ事務所は「担当者が不在でコメントできない」としている。

 ファンクラブを紹介するホームページによると、クラブはグループやタレント別にあり、入会金千円、年会費4千円。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加