竹細工を体験するスリランカの高校生=伊万里市東山代町川内野

 スリランカの女子高校生6人と引率の教師2人が、伊万里市東山代町川内野の農家に1泊2日でホームステイした。竹細工作りやアスパラガスの収穫など、山里の暮らしを体験した。

 高校生は佐賀市のNPO法人「地球市民の会」のプログラムで来日した。川内野地区は4年前にもホームステイを受け入れたことがあり、今回の生徒たちは4年前に参加した先輩に「川内野はよかった」と聞いて楽しみにしていたという。

 一行は地元老人会の指導で竹細工に挑戦し、器用に小刀を使う生徒もいた。小中一貫滝野校では卓球などのスポーツ交流も楽しんだ。夜は川内野公民館で交流会を開き、スリランカの伝統的な踊りの披露や、川内野に伝わる浮立の鉦(かね)を一緒にたたくなどして、互いの文化を理解した。

 高校生は「川内野の体験はどれも強い印象に残った。スリランカに帰って、次の後輩たちにも伝えたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加