民進党の原口一博元総務相(57)=衆院佐賀1区=は26日、9月の党代表選への立候補に向けて検討に入った。議員会館を回って出馬に必要な20人の推薦人が確保できるか動向を探ったほか、陣営から立候補予定者向けの事前説明会に参加した。原口氏は「代表選出馬の要請を受けた。ありがたいことだ」と前向きな考えを示した。

 原口氏は、代表選の争点となる野党共闘路線の継続の是非について「『野党共闘』という言葉を使ったことはないし、その土俵で話をする気もない。平和を目的とした『連帯』が私の政策の軸になる。党の枠を超えた市民が主役の連帯を呼び掛けたい」と述べた。

 推薦人の確保に関しては「まだ出馬の意向を固めたわけではない。『連帯』という新しい軸に共感してもらえるなら出馬するし、そうでないなら私が出る必要はない。そこを見極めるため、各議員の考えを聞いて回っている」と語った。

 9月2日の告示に向け、週明けに最終的な決断をする方針。

 党佐賀県連代表の大串博志衆院議員は既に蓮舫代表代行を支援する考えを明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加