フルーツビネガージュレ

 たんぱく質のコラーゲンからできた「ゼラチン」は、皮膚の若返りや、肌の保湿性を高める美容効果のほかに、高血圧の防止や骨粗しょう症の軽減、関節炎の治癒などにも効果があるといわれています。ビタミンCはコラーゲンの生成を高めてくれるので、ビタミンCの豊富なフルーツと、組み合わせるとコラーゲンの効果がよりアップします。

【材料】

キウイフルーツ…1個

オレンジ…1個

レモン…1個

▽ゼリー液

・ゼラチン…9g

・水…50ml

りんご酢…大さじ3

はちみつ…大さじ2

水…350ml

ミント…適量

※4人分(1人分75kcal)

【作り方】

(1)キウイ、オレンジ、レモンは皮をむいて輪切りにする。

(2)耐熱容器に、ゼラチンと水50mlを入れてふやかす。電子レンジ500ワットで約1分ほど加熱して完全に溶かす。

(3)リンゴ酢、はちみつ、水350mlを容器に入れて、よく溶かす。

(4)耐熱ガラスなどに(1)のキウイと(3)を入れてラップをしないで、600ワットで4、5分ほど加熱する。そこに(2)を少しづつ加えて混ぜ合わせ、粗熱が取れてとろみが付き始めたら(1)のオレンジとレモン、ミントを加える。そのまま冷蔵庫で3時間ほど冷やし固める。

=ポイント=

 ゼラチンのゼリー液にたんぱく質の分解酵素が含まれているキウイフルーツをそのまま入れると固まらないので、前もって加熱しましょう。

(西九州大佐賀調理製菓専門学校講師・管理栄養士 田中美香子)

このエントリーをはてなブックマークに追加