◆河原、幾筋の川広がる難所 江戸時代以降、肥前から豊前(大分県)彦山に参詣する「彦山道(ひこさんみち)」は数多く確認できるが、戦国時代の天文年間、鍋島清久が彦山参詣をした道筋は知れない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加