柱など一部が焼けた展望台を調べる消防関係者。周辺の草木も焼けた=4月30日午後5時ごろ、鳥栖市河内町の鳥栖市民の森

 30日午後2時55分ごろ、鳥栖市河内町の森林公園「鳥栖市民の森」にある木製の展望台付近から出火、展望台の一部と林野260~300平方メートルを焼いた。けが人はなかった。

 鳥栖・三養基地区消防本部によると、現場は公園の中央入り口から北側の丘にある。公園入り口に面した道路を通りかかった男性らから「煙が見える」と119番があった。展望台は丸太で組まれ、下り斜面の柱の根元付近が激しく燃えていた。原因を調べている。

 管理する鳥栖市は、展望台の使用を禁止する予定。展望台からは河内ダムや鳥栖市内が見渡せる。

このエントリーをはてなブックマークに追加