福岡市の海浜公園で水遊びする子どもたち=30日午後

 日本列島は30日、西日本を中心に晴れて気温が上がり、汗ばむ陽気となった。兵庫県豊岡市で7月中旬並みとなる最高気温31・1度を観測して真夏日となったほか、各地で気温25度以上の夏日となった。ただ、東日本と西日本では5月1日明け方から夜の初めごろにかけて、上空に寒気が入り大気の状態が不安定になるとみられる。気象庁は、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、30日の最高気温は鳥取市30・0度、富山市29・1度、福岡市28・2度など6~7月並みの気温となる地点が相次いだ。大阪市も25・7度の夏日だった。

 佐賀県内も各地で夏日になり、伊万里市が26・7度で最も高かった。このほか唐津市で26・6度、杵島郡白石町で26・4度、佐賀市で25・5度を観測した。

このエントリーをはてなブックマークに追加