女子ダブルスを制した牛津の成富稀咲(右)と下村理華=佐賀市立体育館

 第30回県中学生バドミントン春季大会は30日、佐賀市立体育館で男女のダブルスがあった。男子決勝は金子琉聖・久米秀英(大和)が上田大来・野崎永遠(七山)を2-0で下して優勝。女子は成富稀咲・下村理華(牛津)が本多沙羽・秀美優(山内)を2-0で破り頂点に立った。

 【男子ダブルス】準々決勝 金子琉聖・久米秀英(大和)2-0稗田昂希・岡本仁誠(七山)、永渕雄大・藤田悠輔(大和)2-0中山翔太・澤田文哉(玄海)、宗昂洋・辻陽斗(唐津一)2-1武富康泰・友田源(大和)、上田大来・野崎永遠(七山)2-0中野健大朗・諸岡瑠馬(武雄青陵)▽準決勝 金子・久米2-1永渕・藤田、上田・野崎2-0宗・辻

 ▽決勝

金  子久  米 2(21―18)0 上  田野  崎

          (21―13)

 【女子ダブルス】準々決勝 成富稀咲・下村理華(牛津)2-0中園南美(鳥栖西)・徳淵咲織(基里)、本多芙羽(山内)・大川内奏羽(多久東部)2-0花田愛依・永渕妃香(大和)、秋好美有・真木美帆(大和)2-0辻彩七・宮平のぞみ(唐津一)、本多沙羽・秀美優(山内)2-0中村希乃佳・野田莉子(大和)▽準決勝 成富・下村2-0本多・大川内、本多・秀2-1秋好・真木

 ▽決勝

成  富下  村 2(21―17)0 本  多 秀 

          (21―12)

このエントリーをはてなブックマークに追加