河津桜が見ごろを迎え、春の訪れを感じさせる=唐津市相知町

 唐津市相知町で河津桜が見ごろを迎えている。川沿いに咲く桜の木々に光が差し込むと、濃いピンク色の花びらが一層際立ち、訪れた人の足を止めている。

 河津桜は相知町の見帰りの滝から約600メートル下流にある「ほたる橋」を中心に120本ほど並ぶ。ソメイヨシノに比べピンク色が濃く、開花期が1カ月と長い。現在八分咲きほどで、10日ごろまで見ごろという。

 唐津市内から夫婦で訪れた70代の女性は「ソメイヨシノとは違った美しさがある。やっと春が来たなという気分」と咲き誇った花々を見上げ、カメラに収めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加