九州総体を制して全国総体での健闘を誓う伊万里商男子ホッケー部と女子ホッケー部=伊万里市役所

 全九州高校体育大会で2年連続で男女共に優勝を果たし、全国高校総体への切符をつかんだ伊万里商業高ホッケー部の部員が27日、伊万里市役所を訪問し、大会での活躍を誓った。

 17~19日に大分県であった九州総体では、男女いずれも予選を全勝で通過して完全制覇。男子は2年連続5回目、女子は3連覇で6度目の“女王”となった。

 塚部芳和市長は「佐賀のみならず、九州の代表として自信を持ち、大暴れしてもらいたい」と激励。部員は九州総体で見つかった課題点の修正に取り組んでいることなど、近況を報告した。

 古川裕大主将は「九州大会を勝ち抜いたことは大きな自信になった。全国の強豪相手に頑張りたい」と力強くコメント。女子の古賀千尋主将は「3連覇のプレッシャーに打ち勝てたのは大きい。課題のディフェンスを練習で強化したい」と話した。

 全国高校総体ホッケー競技は7月29日から8月2日まで、山形県川西町や米沢市を会場に開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加