上峰町は3月26日、町北部に位置する鎮西山(202メートル)の麓を発着点に「上峰町つばきの森トレイル」を開く。山林を駆け抜ければ、中腹から山頂にかけて約1000本の桜が咲き誇り、見頃と重なる。参加者を募集している。

 町は総合戦略でトレイルランコースの設置を目標に掲げており、地方創生事業の一環として初めて開く。鎮西山の麓をスタートし、山頂や林道など山の一帯を巡る約7キロのコース。山頂からは佐賀平野が眺望できる。担当するまち・ひと・しごと創生室は「標高差が少なく距離も短いため、トレイルランの初心者向け。町の魅力発信の一助にしたい」と話す。高校生以上が参加可能で、定員は75人。参加料は高校生3000円、一般4000円。インターネットのエントリーフォーム(http://uf-gp.com/kamimine-trail/)から申し込む。大会内容の問い合わせはスカイトレイル、電話0944(51)9585、申し込みの問い合わせはGPENTRYシステム、電話0985(88)1007。

このエントリーをはてなブックマークに追加