「どろめ祭り」で大杯の日本酒に苦戦する参加者の女性=30日午後、高知県香南市

 「ぐーっと、ぐーっと」。掛け声に合わせ、豪快に飲み干したり、こぼしながら悪戦苦闘したり-。男性は1升(1.8リットル)、女性は5合(0.9リットル)。酒豪自慢が朱塗りの大杯(直径約30センチ)につがれた日本酒を飲み干し、早さと飲みっぷりを競う「どろめ祭り」が30日、高知県香南市の海岸で開かれた。

 照り付ける日差しの下、健康診断をクリアした全国各地の男女27人が参加。観客約1万人(主催者発表)が声援や盛大な拍手を送った。祭りは生のイワシの稚魚「どろめ」をさかなに酒を飲み、豊漁を祝ったのが由来。

 男性の部は、川崎市の会社員釜谷直宏さん(31)が12.25秒のタイムで3連覇を果たした。女性の部は12.85秒で香南市の無職金子美穂さん(57)が2度目の優勝を飾った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加