■父のイモ入れ 穏やかな晩年肌身離さず 「絵描きなんて乞食(こじき)の仕事だ。真面目に働いてる人のお情けで生きてるようなもんじゃないか」 絵筆一本で生きていこうとした私にこう言い放った父。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加