ブロック玩具で制作したアニメーションの一部

 佐賀大学は2~5日、「デジタル表現技術者養成プログラム」の受講生による修了研究作品展「電脳芸術展」を同大美術館で開く。学生が2年間で得たデジタル技術を駆使し、2Dや3DCGのアニメーション、プログラミング制御による体験型ゲーム、ドキュメンタリー動画や地域プロモーション動画を制作。多彩なデジタルアート19作品が楽しめる。

 問い合せは同大クリエイティブ・ラーニングセンター、電話0952(28)8917。

このエントリーをはてなブックマークに追加