東京都は30日、東京都中央区の都立庭園「浜離宮恩賜庭園」で、園内の池に浮かぶ中島にある茶屋や島へ渡る木製の橋など5カ所に、液体がまかれたとみられる染みが見つかったと明らかにした。

 都によると、同日午前7時20分ごろ、園関係者が茶屋周辺の飛び石に直径20センチほどの染みを見つけ、ほかの場所でも確認。警視庁築地署へ通報した。29日の閉園時には確認できなかった。

 築地署によると、敷地内のごみ箱から割れたオリーブオイルの瓶が見つかり、染みと成分が一致。入園者が割れた瓶を持ち歩き、中身が漏れた可能性があるとみて、防犯カメラの映像を調べる。

 染みは、約200メートルにわたって点々と残っており、直径約60センチの大きさのものもあった。

 浜離宮恩賜庭園は江戸時代に将軍家の庭園として整備され、国の特別名勝、特別史跡に指定されている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加