指定暴力団神戸山口組(本拠地・兵庫県淡路市)から離脱する動きが指摘されていた直系組長らが30日、同県尼崎市で、新組織の結成に向けた会合を開いたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。会合後に関係者が取材に応じ、新組織の名称を「任侠(にんきょう)団体山口組」とし、代表を傘下の有力団体「山健組」(神戸市中央区)の幹部が務めると明らかにした。

 神戸山口組は2015年8月、指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から分裂し、対立抗争状態にある。神戸山口組が事実上の分裂状態に入ることが確実となり、兵庫県警は情報収集を進め、警戒を強めている。

 捜査関係者によると、代表を務めるとみられるのは、神戸山口組幹部の山健組副組長(50)。組織内の人事や金銭面の負担を巡る不満などを背景として山健組を離脱し、他に直系組長ら数人も新組織に参加するとみている。

 30日午後、尼崎市の暴力団事務所に組関係者らが続々と到着し、県警の捜査員や機動隊員が周辺を警戒した。警察庁によると、昨年末時点で、山口組の構成員は約5200人、神戸山口組の構成員は約2600人。警察庁は昨年3月、両団体が「対立抗争状態」にあると認定している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加