レスリングU-23「ぺトコ・シラコフ&イワン・イリエフ国際大会」が27、28の両日、ブルガリアで開かれ、男子フリースタイル57キロ級で、鳥栖工高出身の田代拓海(福岡大)が3位になった。

 田代は1回戦でウズベキスタンの選手に敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦は不戦勝で銅メダルを獲得した。大会には、西日本学生選抜チームが出場。田代のほか、同じ鳥栖工高出身で男子フリースタイル97キロ級の執行優大(福岡大)と、同グレコローマンスタイル98キロ級の宮原尚之(中京学院大)も出場した。

 =県関係選手の成績=

 【男子】フリースタイル57キロ級1回戦 グロムジョン(ウズベキスタン)9-2田代拓海(福岡大)▽同敗者復活1回戦 田代=Tフォール=リチャード(ハンガリー)▽同敗者復活2回戦 田代=Tフォール=ロマン(ハンガリー)同敗者復活3回戦 田代3-1イワン(モルドバ)▽同3位決定戦 田代=不戦勝=テイムラズ(ジョージア)▽同97キロ級1回戦 アンドリー(ウクライナ)=Tフォール=執行優大(福岡大)▽同敗者復活1回戦 エミン(ブルガリア)=Tフォール=執行

 ▽グレコローマンスタイル98キロ級1回戦 ジーニ(ルーマニア)6-0宮原尚之(中京学院大)▽同敗者復活戦 フリストフ(ブルガリア)2-1宮原

このエントリーをはてなブックマークに追加