九州・沖縄8県で8月に開かれる全国中学校体育大会の佐賀県実行委員会(会長・渡瀬浩介県中体連会長)の本年度第2回総会が28日、佐賀市のグランデはがくれであった。県内開催の剣道とバドミントンの大会要項や大会役員、実行委の2017年度事業計画、予算などが承認された。

 今年の大会は「感動!夢舞台!! 絆をつなげ 九州の地で」をスローガンに、県内では剣道が8月18~20日、バドミントンが8月22~25日、いずれも佐賀市の県総合体育館で行われる。

 総会では2競技の担当者が、昨年北信越で行われた全国中学大会の競技会場設営など視察結果を報告。今年の会期や参加資格などを定めた要項のほか、各種委員会の協議日程などを決定した。

 大会中は両競技とも選手の練習会場として、佐賀市の佐賀勤労者体育センターや市内の一部の小中学校が充てられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加