気象庁ウェブサイトの気象レーダー画面で30日未明から朝にかけ、山陰沖で実際には雨が降っていないのに激しい雨が降っているような表示がされた。衛星画像に目立った雨雲はなく、気象庁は「電波の異常伝搬で海面の波しぶきをとらえた」と判断し、午前9時半ごろに表示を修正した。

 気象レーダーは、発射された電波が雨などに当たって反射する強さで雨の有無や強弱を観測する。そのため、地表の構造物や海面の波しぶきからの反射を誤って降水ととらえる現象が起きることがある。気象庁によると、今回は日本海西部の大気の下層に湿った空気が流入したことなどにより、本来は直進するはずの電波が曲がって進み、波しぶきをとらえたとみられる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加