佐賀新聞社の出前授業で18歳選挙権などについて学ぶ小城高3年生

 小城市の小城高校(永田彰浩校長)で14日、1年生と3年生を対象に、佐賀新聞社による主権者教育の出前授業があった。1年生は大学の無償化など身近な社会問題を、18歳で選挙権を持つ3年生は投票時の判断基準について考えた。授業の内容と生徒の感想を紹介する。

このエントリーをはてなブックマークに追加